ヒメスズメバチの生態を徹底解説!温厚な性格とはいえ注意が必要です|蜂の巣駆除・ハチ退治・蜂の巣対策なら最短15分の蜂の巣駆除お助け隊へ!8000円~(出張費込み)対応します

無料相談 電話番号0800-805-7652 0800-805-7652

ヒメスズメバチの生態を徹底解説!温厚な性格とはいえ注意が必要です

家の周りでスズメバチのような蜂を見つけたとき、危機感を感じる方も多いでしょう。しかしスズメバチの中には、ヒメスズメバチというおとなしい種類もいます。

ヒメスズメバチは、あまり人を刺さないうえに毒性も低いため、危険性があまり高くはないのです。ただし、ほかのスズメバチ同様、巣を刺激されると刺すこともあるので、駆除が必要になる場合もあります。

そこで、今回はヒメスズメバチの生態についてご説明します。ヒメスズメバチの生態を知ることでスズメバチとの違いを理解し、必要に応じて駆除をしていきましょう。

ヒメスズメバチの見分け方

ヒメスズメバチは一般的に知られるスズメバチと比べると、巣や見た目にわずかな違いがあります。そのため、巣の形や個体の姿で見分けることができるのです。そこで、以下ではヒメスズメバチの特徴についてご紹介します。

ヒメスズメバチの見た目・巣の特徴

ヒメスズメバチの生態を徹底解説!温厚な性格とはいえ注意が必要です

ヒメスズメバチは、一般的に知られるスズメバチとほぼ同じで、オレンジ色と黒色の体をもっています。またヒメスズメバチは、お尻の先が黒いことが特徴です。見た目でヒメスズメバチを判断したいときは、お尻を確認するとよいでしょう。

体のサイズも大きく、最大級の蜂であるオオスズメバチの次に大型です。しかし体のサイズに対して、巣は小型といわれています。なぜなら、数十匹程度のコロニーしか作らないため、巣が小さいのです。

巣の形は半球型で、六角形の巣穴が丸見えになっています。スズメバチに多い丸型の巣と比べると、ヒメスズメバチの巣は特徴的な形といえるでしょう。

ヒメスズメバチは暗く閉鎖的な場所を好むため、家の床下や土の中、屋根裏といった場所に巣を作りやすいです。そのため、巣を作られたことに住人が気づかないケースもあるため、要注意です。

そのほかのスズメバチとの比較

ヒメスズメバチはほかのスズメバチとの類似点が多いため、そのほかのスズメバチとどう違うのか分かりにくいかもしれません。そこで、以下ではほかのスズメバチの特徴と、ヒメスズメバチとの違いについてご紹介します。

オオスズメバチは、スズメバチのうちでも最大級の種類です。気性が荒いうえに毒性も強いため「狂暴なスズメバチ」というイメージに最も近いかもしれません。体長は4cmに達することもあり、ヒメスズメバチよりも体のオレンジ色が濃い特徴があります。

気性が荒いとされるキイロスズメバチは、全体的に黄色い体色をしています。ヒメスズメバチの足は茶色ですが、キイロスズメバチは足まで黄色なのです。体格は小柄ですが、人への刺傷被害が最も多い蜂でもあります。

コガタスズメバチは、ヒメスズメバチと比べると半分ほどのサイズしかありません。また、ヒメスズメバチよりも体のオレンジ色が濃いため、オオスズメバチに似ています。

危険なスズメバチはプロに駆除してもらおう!

ヒメスズメバチやほかのスズメバチには違いがありますが、近くで見なければ分かりづらいものです。しかし、スズメバチの姿を観察しようとして刺される危険もあります。そのため、具体的な種類が分からなかったときは、業者に相談してみましょう。

知識の豊富な業者に依頼をすることで、適切に対処をしてくれるのです。弊社は、お近くの加盟店から業者を紹介させていただく場合もあるため、素早く対応できるでしょう。24時間お電話を承っていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

ヒメスズメバチの生態

ヒメスズメバチはアジアを中心に分布しており、中国やミャンマー、朝鮮半島などに生息しています。また日本にも亜種が3種類ほど生息しており、美しいという意味の「pulchra(プルクラ)」という学名がついているのです。そんなヒメスズメバチは、ほかのスズメバチとは少し異なる生態があるといわれています。

意外と温厚な性格

ヒメスズメバチの生態を徹底解説!温厚な性格とはいえ注意が必要です

スズメバチといえば、凶暴な性格の種類が多いことで知られています。しかし、ヒメスズメバチの場合はおとなしい性格で、人を刺すことはめったにありません。また、オオスズメバチと比べると毒性も弱いので、それほど危険度は高くない蜂といえます。ただし、巣や個体を刺激すると攻撃することもあるので、安全とはいえないでしょう。

活動時期

ヒメスズメバチの活動期間は5~9月前後と短めです。また、ほかのスズメバチよりも営巣時期が1か月ほどおそく、6月のはじめから巣を作ります。

ほかのスズメバチより活動期間が短い理由には、エサであるアシナガバチが関係しています。アシナガバチは10月前後には姿を消すため、捕食者であるヒメスズメバチも、アシナガバチに活動時期を合わせているのです。

ヒメスズメバチの好物は……

前述のとおり、ヒメスズメバチの主食はアシナガバチです。少数でアシナガバチの巣穴へ襲いかかると、サナギや幼虫をさらってきます。また、アシナガバチのほかにも、ほかのスズメバチの幼虫や、木の甘い樹液をエサにすることもあるのです。

温厚な蜂とはいえ、駆除が必要なことも

ヒメスズメバチは、ほかのスズメバチよりも毒性が低いことが特徴です。しかし、スズメバチの一種であることに変わりはありません。刺されてしまうと、やはり危険でしょう。蜂の巣の規模や距離によっては、早急に駆除すべきかもしれません。

自分で危険かどうか判断しにくい場合は、業者に相談してみるのがおすすめです。経験豊富な業者になら、駆除すべきかどうかを判断してくれるでしょう。また必要に応じて駆除を依頼することもできることも魅力のひとつです。

たとえ「巣が近くにある気がするけれど、場所はまだ特定していない」といった状況でも、弊社に相談していただくことで、解決することができるかもしれません。弊社では24時間お電話を受けつけていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

ヒメスズメバチを駆除したいときは

おとなしいヒメスズメバチでも、わずかなきっかけで人間を襲うことがあります。危なそうであれば、駆除をしたほうがいいでしょう。そこで、以下ではヒメスズメバチの駆除方法についてご説明します。

蜂に刺されないために気をつけるべきこと

ヒメスズメバチの生態を徹底解説!温厚な性格とはいえ注意が必要です

蜂の巣があると思ったら、駆除をする前に身だしなみに注意しましょう。蜂は服装や匂いによって刺激されるため、駆除の前に刺される危険があるのです。

蜂に刺される危険を減らすには、黒い服をさけて白色に近い服を着用しましょう。理由には諸説ありますが、蜂の仲間は黒色のシルエットを外敵と判断するため、黒い服を着ていると攻撃されやすいのです。

また、制汗剤や整髪料、香水などをつけるのも控えた方がいいでしょう。蜂は甘い匂いや香りの強いものに興奮することがあるので、香水などがついていると接近されやすくなります。

ヒメスズメバチは自分で駆除できる?

ヒメスズメバチは、巣ができたての時期であれば攻撃性も低いため、自分で駆除をすることもできます。以下からは、駆除作業の手順についてご紹介するので、順序を守っておこないましょう。

1.夜間になるまで待つ
2.服装や道具を整えて、巣へ向かう
3.巣から3メートルほど距離を取る
4.巣穴に向かって殺虫剤を噴射する
5.3分ほど噴射したら、巣を回収してゴミ袋に入れる

巣を入れたゴミ袋の中には、もう一度殺虫剤をかけておきましょう。中にいる蜂が息を吹き返すこともあるためです。また、蜂が袋を破ることもあるので、ゴミ袋は二重にして入れることをおすすめします。

ただし、毒針があるスズメバチの駆除には大変なリスクがともないます。そのため、基本的には業者に任せるのがいいでしょう。

駆除はプロに任せて安心!

スズメバチの駆除は難しいため、自力ですすめるのは大変といわれています。また、駆除をするための服装や殺虫剤を買うことでお金がかかるのです。自力で駆除をしてもお金がかかるなら、業者に任せた方が安全で安上がりかもしれません。

スズメバチの駆除にかかる費用相場は、出張費用や人件費も含めておよそ16,000~30,000円前後になります。しかし、費用は業者や巣のサイズによって変動する場合もあるため、具体的な金額が分かりにくいでしょう。

業者へ依頼をするなら、相見積りを取って業者を選ぶのもおすすめです。複数の業者から見積りを取ることで、安く依頼できる業者や、作業内容が明確な業者を見つけることができるでしょう。

見積りをお求めなら、ぜひ弊社へご相談ください。弊社では見積りを無料で出している業者をご紹介せていただく場合もあるので、金銭的な負担も少なくすむでしょう。弊社は年中無休でお電話を受けつけていますので、いつでもご連絡ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
最短即日でハチ駆除可能! 現地調査・お見積り無料!
お支払いは現金・振込各種クレジットカード対応 取り扱いクレジットカード、JCB、VISA、Mastercard、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、NICOS
※手数料がかかる場合がございます。 ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。
料金のご案内 作業完了までの流れ 蜂の巣駆除お助け隊とは