スズメバチ駆除の服装|防護服はレンタル可能?NG服装や駆除の流れ|蜂の巣駆除・スズメバチ退治・蜂の巣対策なら最短15分の蜂の巣駆除お助け隊へ!税込8,800円~(出張費込み)対応します

無料相談 電話番号0800-805-7652 0800-805-7652

スズメバチ駆除の服装|防護服はレンタル可能?NG服装や駆除の流れ

スズメバチの駆除は、肌が露出しない服装でおこなうようにしましょう。

服の上から刺されるほうが、素肌で刺されるよりも刺傷の被害が少なくて済むからです。また、スズメバチは少しでも隙間があるとそこから服の中へ入り込み、肌を刺さそうとしてきます。入り込まれないように、袖口やズボンの裾の隙間はしっかり塞ぎましょう。

この記事では、スズメバチ駆除の服装について詳しくご紹介します。してはいけない格好や自分で駆除する流れについても解説していますので、自分で駆除したい方はぜひ参考にしてみてください。

スズメバチを駆除するときの服装

スズメバチを駆除する際には自分の身を守るために、適した服装でおこなうようにしましょう。

・蜂の巣駆除に適した服装

スズメバチを駆除する服装で、もっとも適しているのは「防護服」です。

蜂駆除専用の防護服は表面がつるつるしており、蜂が針を刺そうとしてもすべってさせない作りになっています。また、頭から足先まですっぽりと覆うので、隙間から蜂が入ってくる心配がありません。また、色も蜂の攻撃を受けにくいとされる白色になっているのです。

なお、この防護服は生地の厚みにより対応できる蜂の種類が異なっています。スズメバチの針は長いため、ミツバチ用の防護服では十分な効果が得られませんので注意してください。

もし、防護服を用意できない場合は襟や袖口に隙間のない作業着などの長袖長ズボンを着用し、その上からレインコートを着て駆除に臨んでください。ただし、この方法は防護服を着用するよりも安全性が劣ってしまいます。

安全に作業をおこなう為にも、できるかぎり防護服を用意するようにしましょう。

・蜂の巣駆除に適さない服装

蜂に刺されたときに服の上から刺されるよりも、素肌を直接刺されるほうが被害は大きくなってしまいます。半袖や半ズボンなど素肌を露出している服装は蜂の巣の駆除には適しません。

また、蜂は黒色や濃い色を見ると攻撃対象として判断する傾向があります。このような色の服は、着ないようにしましょう。また、髪の毛も黒い場合は蜂を刺激することになります。そのため、帽子を着用していないと蜂が寄ってくる原因となるのです。

防護服は借りられる場合もある

防護服は借りられる場合もある

蜂専用の防護服はホームセンターなどでも販売していますが、価格が数千円~数万円と幅があります。プロが使うようなしっかりとした防護服は10万円をこえることもあるので、自費で用意するのは難しいものです。

そんなときは、自治体の窓口で相談してみましょう。自治体によっては防護服の貸出をおこなってくれます。自治体での貸出がなかったとしても、インターネットで検索をすれば、販売店などで防護服を一日1万円前後でレンタルできますので、利用してみてください。

防護服を着ていても安全とは限らないので注意!

スズメバチ駆除には防護服が必要ですが、防護服を着ていれば絶対に刺されないというわけではありません。

曲げた肘の外側など、防護服が素肌に近づいた状態だとスズメバチの針が皮膚に届いてしまうことがあるからです。

「防護服を着れば大丈夫!」と過信せずに、防護服の内側も厚手の長袖長ズボンを着用するなどの対策をおこなっておきましょう。

自分で駆除するより依頼したほうが安く済む場合も……

防護服を自治体から借りることができれば良いですが、そうでない場合は自分で用意する必要があります。

防護服の値段は数千円~数万円と幅がありますが、安いものは生地が薄く蜂の針が通りやすくなってしまいます。ちゃんとした防護服を揃えようとするとそれだけ費用がかさむことになります。販売店によってはインターネット上でレンタルサービスを提供してくれていますが、利用するにしても一日1万円前後の費用が掛かってきてしまいます。

ちなみにスズメバチ駆除を業者に依頼した場合、その費用は13千円前後からとなります。防護服を着ても蜂に刺される危険性がなくなるわけではあませんので、同じような価格であればリスクや手間のない業者への依頼も考えてみてはいかがでしょう。

スズメバチの巣の駆除は巣の大きさや場所によって金額が大きく変わるため、まずはお見積りから、お願いしてみましょう。

弊社では無料で現地調査・お見積りをしてくれる業者をお客様に代わりお探しします。お電話1本でご相談が可能ですので、お気軽にお電話ください。

スズメバチの巣を駆除する前に確認する3つのこと

スズメバチの巣を自分で駆除する際には巣の状態、道具、時間帯を確認しましょう。確認をして自力での駆除が難しいと感じたら、無理をせずに業者へ依頼することをおすすめします。

【1】自分で駆除できる巣の状態であるか確認する

【1】自分で駆除できる巣の状態であるか確認する

巣の大きさが15cm以上ある場合は自力での駆除は難しいでしょう。

15cm以上のサイズになった巣の中には働き蜂が増えており、とても攻撃的になっています。駆除の際に刺される危険性が高まりますので、15cm以上の大きさになっている場合は業者へ駆除を依頼しましょう。

また、巣ができている場所にも注意が必要です。屋根裏や床下などの閉鎖的な場所に巣がある場合、駆除する際に逃げる場所がなく、刺される危険性が高くなってしまいます。スズメバチの巣が手の届く位置にない場合も、業者へ駆除を依頼することをおすすめします。

【2】駆除に必要なものが揃っているか確認する

スズメバチの巣の駆除には防護服のほかに以下のような道具が必要となります。しっかりと準備をして駆除をおこないましょう。

【必要なもの】

・殺虫剤

ゴキブリ用やハエ用などさまざまな殺虫剤がありますが、蜂の巣の駆除をする際は蜂用の殺虫剤を用意しましょう。蜂専用の殺虫剤には蜂によく効く成分が配合されており、すばやく退治できます。

・長い棒

蜂の巣に近づいて取り外すのは蜂に刺される可能性があるため危険です。長い棒を使って離れた場所から蜂の巣を取り外しましょう。

・ゴミ袋と虫取り網

取り外した蜂の巣はゴミ袋に入れて燃えるゴミとして処分します。ゴミ袋を虫取り網にセットして、巣の下に設置してから取り外せば簡単にゴミ袋の中に入れることができます。

【3】駆除に適した時間帯を確認する

蜂の巣を駆除するのに適した時間帯は日没後23時間です。

働き蜂は日中には巣の外に出て食料などを集めていますが、暗くなると巣にもどり体を休めます。巣にいる蜂をまとめて退治するなら、この時間帯に駆除をおこなってください。また、蜂は暗くなると活動が鈍くなるため、刺される危険が低くなるのでおすすめです。

上記の3点を確認して自力での駆除に不安があるようなら、業者へ駆除を依頼しましょう。プロならば、すばやく安全に駆除をおこなってくれます。

駆除業者をお探しなら弊社へご相談ください。お客様に代わり対応可能な業者を日本全国の加盟店の中からお探しいたします。

スズメバチの巣を自分で駆除する流れ

スズメバチ駆除の手順は以下のようになります。スズメバチの巣を駆除する際にはできるだけ刺傷の可能性を下げるために、手順を守りおこなうようにしてください。

STEP1:殺虫スプレーを吹きかける

STEP1:殺虫スプレーを吹きかける

まずは巣から23m離れた場所から巣に向かって殺虫スプレーを23分吹きかけます。巣の中から蜂が飛び出すことがあると思いますが、止めることなく殺虫剤を吹きかけてください。

蜂の巣から蜂が出てこなくなったら近づき、今度は入り口から巣の中に向かって殺虫剤を噴射します。

STEP2:巣を落とす

巣から蜂が出てこなくなったら巣を落として駆除します。巣を落とす際には虫網にゴミ袋をセットして巣の下に設置し、長い棒を使って落とせば巣に近づくことなく処分ができます。

STEP3:巣をゴミ袋に入れる

蜂の巣はしっかりとビニール袋の口を縛ってから燃えるゴミして処分します。蜂がまだ生きている可能性もあるため、ビニール袋の口を縛る前に念のため袋の中へ殺虫剤を噴射しておくようにしましょう。

蜂の巣の駆除は巣が小さくても、刺されてしまう可能性のある危険な作業です。殺虫剤をまくのを途中で止めてしまったりすれば、怒った蜂に刺されてしまうことになってしまいます。

蜂の巣の手順を見て少しでも「難しそう……」「自分にできるか心配……」と思ったなら、業者へ作業を依頼しましょう。業者をお探しなら弊社までお電話ください。弊社では日本全国の加盟店から蜂駆除をおこなえる業者をお探しいたします。

スズメバチに刺される可能性のある危険な作業はプロに任せ、安全な日常を取り戻しましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
最短即日でハチ駆除可能! 現地調査・お見積り無料!
料金のご案内 作業完了までの流れ 蜂の巣駆除お助け隊とは