クロスズメバチの生態を分析!巣はどこに?味の特徴や注意点は?|蜂の巣駆除・スズメバチ退治・蜂の巣対策なら最短15分の蜂の巣駆除お助け隊へ!8000円~(出張費込み)対応します

無料相談 電話番号0800-805-7652 0800-805-7652

クロスズメバチの生態を分析!巣はどこに?味の特徴や注意点は?

クロスズメバチの生態を分析!巣はどこに?「味」の特徴や注意点は?

みなさんは、スズメバチに種類があるのをご存知ですか?とくにクロスズメバチの「ハチの子」は格別のおいしさといわれ、一度口にしてみたいと思うかもしれません。

スズメバチと聞くと凶暴で危険なイメージがありますよね。クロスズメバチは他のハチと同様、刺激を与えれば襲ってきます。クロスズメバチとは一体どのような性格で、どのような巣をつくるのでしょうか。

クロスズメバチの生態や危険性について、一緒に学んでいきましょう。

クロスズメバチの大きさは?生態と特徴を解説!

クロスズメバチというのだから、見た目は黒くて強そうだと思うかもしれません。実際に見かけたことがある人は少ないと思いますので、もし遭遇したときに「クロスズメバチだ!」と分かるよう、特徴をお教えしていきます。

特徴

クロスズメバチの見た目は黒く、他のハチと比べて見分けがつきやすいのが特徴です。大きさはミツバチくらい小さく、女王蜂が約15mm、働き蜂が約10~18mmです。黒い身体には白い線が入っており、足は黄褐色です。

生態

クロスズメバチは、3月下旬から12月頃に活動します。攻撃性があまりなく、食用とされることが多いです。生息地は北海道や四国、九州など幅広い地域に住んでいます。クロスズメバチの天敵は多く、同じ昆虫でもカマキリやオニヤンマ、クモなどに食べられてしまうことがあります。

好物

ハチといえば花の蜜を吸うイメージがありますが、クロスズメバチは肉食で、花の蜜以外にもコオロギなどの昆虫を解体し、肉を持ち帰ることがあります。ソーセージなども好んで食べますので、外でご飯を食べるときは気をつけましょう。

クロスズメバチの巣は地中にあるって本当?

クロスズメバチの巣は地中にあるって本当?

ハチの巣といえば、木の上や家の屋根裏などに作るイメージがありますよね。今まで見たことのあるハチの巣は、大きく丸い巣ではないでしょうか。クロスズメバチはそれらのハチの巣とは全く違い、地中に巣を作ります。

クロスズメバチが地中に巣を作る理由は、土のなかで巣の温度を安定させるためです。オオスズメバチは冬を越すことができず死んでしまいますが、クロスズメバチの巣は快適な環境で作られるため、冬を越すことができるのです。

クロスズメバチの巣は、家の庭やキャンプ地の土のなかにもあるかもしれません。

クロスズメバチ以外のハチにもいえることですが、ハチは整髪料やこぼしたジュース、おやつなどの甘いにおいに興奮します。外でご飯を食べるときは、食べ物を外に出しっぱなしにしないようにしてください。

とくにお子様は地面に近く、知らずにクロスズメバチの巣に近づいてしまう可能性があります。お出かけの際は地面に注意し、巣を発見したら踏まないよう気をつけましょう。

クロスズメバチのアナフィラキシーショック危険度 

もし地中に巣があることを知らずに、クロスズメバチを怒らせるような刺激を与えてしまったらと思うと、恐ろしいですよね。「スズメバチだから強い毒をもっているのではないか」と、想像するかもしれません。

ハチに刺されると、「アナフィラキシーショック」で死に至ることがあると聞いたことがあるかと思います。アナフィラキシーショックとは簡単にいうと、ハチに刺されたことで体のなかに生じる、強力なアレルギー反応のことをいいます。

恐ろしいイメージのハチですが、実際にクロスズメバチに刺されるとどうなってしまうのでしょうか。刺されたときの危険性と、攻撃方法についてもお伝えしていきます。

クロスズメバチの毒は以外と弱いが、危険度はゼロではない

クロスズメバチの毒は意外にも弱く、オオスズメバチのような強い毒ではないので、アナフィラキシーショックになる危険性は低いです。

しかし、今まで蜂に刺されたことがあるかたは、アナフィラキシーショックが起きる危険性がより高まりますので、毒が弱いからといって油断しないようにしてください。

一番は、どんなハチでも見かけたら逃げることです。興味があっても、決して触ったり、ちょっかいを出したりしないようにしましょう。

どんな時に攻撃してくる?

クロスズメバチの性格は大人しいです。こちらから近寄ったり、刺激を与えたりしないかぎり襲ってくる可能性は低いでしょう。クロスズメバチにかかわらず、ハチは自分の巣を守るのに必死ですので、反撃するときは容赦なく刺してきます。

毒性は低くても、刺されたら強い痛みを感じます。そのような痛い思いをしないためにも、クロスズメバチを見つけたら距離をおきましょう。

実はおいしい!「ハチの子」と言えばクロスズメバチ

実はおいしい!「ハチの子」と言えばクロスズメバチ

みなさんご存知ですか?食用として食べられている主なハチの子には、オオスズメバチやミツバチ、クロスズメバチのものが存在します。自分で蜂の巣を駆除するのは大変危険ですので、通販などで注文するようにしましょう。

ハチの子は豊富なたんぱく質がとれることから、静岡県や岐阜県の山部では、よく食されていたようです。今でも栄養価が高いことから、サプリメントとしても使用されています。

高級珍味として知られているハチの子ですが、なかでもクロスズメバチはとくにおいしいといわれています。クロスズメバチのハチの子は、炊き込みご飯として食べられることが多く、独特な苦みとうま味からうなぎの味に似ているといわれています。

オオスズメバチのハチの子はくし刺しにして食べることが多く、濃厚なバターのような味がします。クセがあるため、人によって好みが分かれます。ミツバチのハチの子は、クセはあまりありません。ちなみによく聞くアシナガバチはおいしくないようで、あまり食べる人はいません。

こうしてほかのハチの子と比較してみると、クロスズメバチはとくにおいしそうですよね。興味があるかたは、一度食べてみてはいかがでしょうか。

毒は弱いし、味もいい……でも巣に触れるのは禁物! 

クロスズメバチのハチの子がおいしいからといって、自分から巣に近づくような事は絶対にやめてください。毒が弱くても、刺されて平気であるということではありません。少しでも刺激を与えれば、たくさんのクロスズメバチが攻撃してくるでしょう。

もし家の庭や床下で発見したら、慌てずハチ駆除業者に連絡をしましょう。インターネットで調べれば、ハチ駆除業者がたくさん出てくるかと思います。どの業者をえらんだらいいか分からない場合は、比較サイトを利用してみましょう。ちなみによく聞くアシナガバチはおいしくないようで、あまり食べる人はいません。

駆除にかかる費用は、相見積りをすると安く依頼することができるかもしれません。業者はハチの知識が豊富です。地中に巣をつくるようなクロスズメバチも、一匹残さず駆除してくれるでしょう。

まとめ

クロスズメバチは、ほかのハチと比べて見た目に特徴がありますので、今度見かけることがあったら、クロスズメバチだと早く気づくことができるかと思います。

クロスズメバチは、土のなかに巣を作る習性がありますので、知らずに踏みつけてしまわないように注意しましょう。とくにお出かけの際は要注意です。食べ物の甘い臭いに興奮し、ハチに襲われてしまうかもしれません。

また、クロスズメバチのハチの子はおいしいですが、食べてみたいからといって自分で駆除をしようとしないでください。毒は弱いですが、刺されたら当然痛みをともないます。クロスズメバチに限らずですが、危険な蜂や蜂の巣を見かけたら、蜂の巣駆除業者に依頼をしましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
最短即日でハチ駆除可能! 現地調査・お見積り無料!
お支払いは現金・振込各種クレジットカード対応 取り扱いクレジットカード、JCB、VISA、Mastercard、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、NICOS
※手数料がかかる場合がございます。 ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。
料金のご案内 作業完了までの流れ 蜂の巣駆除お助け隊とは