モンスズメバチ|夜も攻撃する?被害に遭わないための正しい対処法!|蜂の巣駆除・スズメバチ退治・蜂の巣対策なら最短15分の蜂の巣駆除お助け隊へ!8000円~(出張費込み)対応します

無料相談 電話番号0800-805-7652 0800-805-7652

モンスズメバチ|夜も攻撃する?被害に遭わないための正しい対処法!

スズメバチ、といわれるとオオスズメバチのことを連想される方が、おそらくもっとも多いかと思います。それもそのはずで、このオオスズメバチがスズメバチのなかでもっとも強く、危険性が高いといわれているため、メディアなどで取り上げられる機会が多いからです。

そのため、モンスズメバチのようなマイナーともいえるスズメバチについては、ご存知ない方が多いかと思います。しかし、モンスズメバチにも、オオスズメバチと同じくらいの危険性が秘められているため注意しなければなりません。

ここでは、見慣れないスズメバチを見かけた方に向けて、それがモンスズメバチであるかの見分け方や、その危険性についてご紹介します。また、モンスズメバチの生態やスズメバチの駆除を業者に依頼する際の豆知識についても触れるので、参考にしてください。

モンスズメバチってどんなハチ?

モンスズメバチには、ほかのスズメバチに比べて、見分けやすい特徴が複数あります。ここでは、そのモンスズメバチの特徴についてご紹介します。さらに、モンスズメバチの巣がどのような場所に作られるかについても触れていくので、モンスズメバチについて理解を深めるのにお役立てください。

【特徴1】夜も活発に飛行

モンスズメバチってどんなハチ?

モンスズメバチには、夜間にも活動するという特徴があります。基本的にスズメバチは、昼間に活動して巣材やエサを集めてきます。しかし、モンスズメバチは夜間でも活動をおこなうという、例外的な側面があるのです。

【特徴2】お尻の部分がしま模様

モンスズメバチのお尻は、ハチといわれて大多数の人が想像するような、黒と黄色の組み合わせのしま模様です。しかし、ほかのスズメバチとは違い、黒と黄色の線が波打つようになっているという特徴があります。ほかにも、身体的な特徴として、胴体部分は黒く、黄色が見受けられるのは腹部と顔程度ということも挙げられます。

【特徴3】大きさは2cm~3cm

モンスズメバチの大きさは2cm~3cm程度とされており、ほかのスズメバチと比べると中ぐらいのサイズです。たとえば、大きいといわれるオオスズメバチは4㎝程度、小さいといわれるクロスズメバチは1cm~2cm程度になります。

【特徴4】巣を見つけるのは困難!

モンスズメバチは至るところに、隠れるようにして巣を作ります。森などの自然環境のなかでは、岩の隙間や木の中などに巣を作り、私たちが住むような環境では、壁の隙間や天井裏などに巣を作ります。さまざまな場所に、隠れるように作られるモンスズメバチの巣を見つけるのは、とても困難といえるのです。

スズメバチの駆除は危険!プロに任せよう

モンスズメバチに限った話ではなく、スズメバチの針には毒性があります。このスズメバチの毒が非常に危険で、死亡事故にまで至ったケースも過去にあります。

不用意にスズメバチ自身や巣に近づいてしまうと、攻撃されて刺されてしまうおそれがあります。そのため、スズメバチがよく飛び交っている地域があれば調査が必要ですし、巣を見つけたときは早急に駆除しなければならないのです。

しかし、スズメバチは危険だからと、焦って素人知識で駆除を試みれば、スズメバチから返り討ちに遭い、大事故に発展する危険性も考えられます。

スズメバチの駆除をおこなう際は、迷わずプロの駆除業者へ依頼しましょう。プロの業者であれば、安心安全を心がけた駆除をおこなってくれます。もし、自力でやらなければならない事情がある場合でも、一度業者へと相談することをオススメします。

弊社では、スズメバチを含む蜂に関するご相談を24時間365日、お電話で受け付けております。時間を問わず、いつでも対応させていただくことが可能ですので、緊急のトラブルが起きた際にはぜひお電話ください。調査や駆除のご依頼をいただければ、早朝や深夜といった時間帯でも現場へ駆けつけることが可能な加盟店スタッフを、手配させていただきます。

モンスズメバチってどのくらい危険?

あまり聞き馴染みのないモンスズメバチという種類ですが、メジャーなオオスズメバチと比べても、その危険性は高いものとなっています。ここでは、そのモンスズメバチの危険性がなぜ高いのかについてや、その生態などについてご紹介していきます。

スズメバチのなかでもとくに攻撃的

モンスズメバチってどのくらい危険?

モンスズメバチは、スズメバチのなかでもとくに攻撃的とされています。それでも、オオスズメバチのようなほかのスズメバチと比べて被害報告が少ないのは、モンスズメバチが人間と遭遇する機会があまりないことと、個体数が少ないからです。

モンスズメバチは隠れるようにして巣を作ります。岩の隙間や木の中、天井裏などの人目につきにくい場所に営巣するのです。そのため、攻撃的な面はもっているものの、巣が人間に発見されること自体が少ないため、被害が少ないのです。また、個体数の少ないことに関してはそのままの意味で、数が少ないから被害数も少ないということになります。

モンスズメバチの一年

冬を超えたモンスズメバチの女王バチは5月~6月にかけて、壁の隙間や天井裏などの閉鎖された空間に巣を作り始めます。そして7月になると、働きバチが羽化します。このとき、モンスズメバチが巣を狭く感じると、引越しをするケースもあります。

この後、モンスズメバチは10月まで活動を続けます。そして11月になると、モンスズメバチの女王バチだけが、冬を越すまで活動を中止します。

もっとも危険なのは7月~9月

もっともモンスズメバチが危険になるのは7月~9月です。モンスズメバチの巣の中では働きバチの羽化が終わっており、個体数も大きく増加しています。この働きバチが巣材やエサを求めに外へでるため、危険性がもっとも高まる時期とされているのです。

気をつけよう!攻撃されるのはこんな行動

スズメバチから攻撃されない行動に共通しているのは、スズメバチを刺激しないということです。たとえば、巣に近づいてしまう、スズメバチの近くで大声を出したり大きな動きをしたりするといった行動が、スズメバチを刺激する行動に当てはまります。

これらのことに気をつけていたつもりでも、スズメバチの巣に気付かず、知らず知らずのうちに刺激してしまったという場合もあるかと思います。そのようなときにスズメバチから追われてしまった場合は、その場から離れることだけ考えましょう。無理に追い払おうとすると、かえってスズメバチを刺激してしまうため注意してください。

巣の周辺は危険!ほかのスズメバチからの攻撃も……

自分では刺激していないつもりでも、スズメバチの巣の周辺に近づくだけで、スズメバチは攻撃を始める可能性があります。スズメバチのなかには、地面の下や草の中に巣を作るものもいます。それらに気付かず、うっかり刺激してしまわないように、巣を発見したときには迅速に対応しましょう。

近づくだけで攻撃性を見せるスズメバチですから、やはり安全を第一に考えたとき、業者へと依頼するのがベストです。再三言うことになりますが、スズメバチの被害によって死亡事故にまで発展するケースもあります。スズメバチの巣を発見した際には、経験豊富なプロの業者に駆除を任せて、安全を確保するのがオススメです。

スズメバチの被害を受けないために

何度も言うことになりますが、スズメバチによる被害によって死亡事故に発展するケースがあるほど、スズメバチは大変危険性の高い生物となっています。そのため、被害を受けないためには、スズメバチと遭遇した場合に備えて、どのような行動をとればよいのかを把握しておかなければなりません。

ここでは、スズメバチと遭遇した場合にどのような行動をとればよいのか、モンスズメバチ以外の危険なスズメバチにはどんなものがいるのかについて、ご紹介していきます。

知っておきたい!危険なスズメバチ

スズメバチの被害を受けないために

モンスズメバチのほかにも、危険性の高いハチは多くいます。たとえば、冒頭でも触れてきたオオスズメバチです。オオスズメバチは攻撃的で、強いアゴと毒針をもっています。この毒針がくせもので、毒性が強いだけでなくその量も多いため、危険性は非常に高いものとなっています。

ほかには、キイロスズメバチなども挙げられます。キイロスズメバチはオオスズメバチに続いて攻撃性が高く、巣に近づいただけでも攻撃を仕掛けてくる場合があります。キイロスズメバチは比較的、都市部や人家などに巣を作るため、外へ出かける際には注意が必要です。

結局のところ、スズメバチは種類にかかわらず、危険性の高い生物です。なかには毒針のないスズメバチも存在しますが、遭遇したときに即座に判別できるような人はあまりいません。もしスズメバチと遭遇したら、種類にかかわらず危険という認識をもつことが大事です。

スズメバチに出会ってしまったら・・・・・・

スズメバチに出会ってしまったら、身を縮めるようにしてゆっくりとその場から離れましょう。近くにスズメバチが近寄ってきたとしても、無理に追い払おうとせず、とにかく刺激を与えないことを第一優先に、その場から離れることだけ考えるようにしましょう。

スズメバチ駆除は早い方が費用負担が軽い

スズメバチは働きバチが羽化し始めると、あっという間に巣が大きくなります。当然、大きくなった巣の中には、それに見合うよう大量のハチが活動しています。その大量のハチは、さらに巣を大きくするため、またはエサを確保するために攻撃的になっていきます。そうなる前に、巣を見つけたら駆除業者へ駆除の依頼をしましょう。

蜂の巣の駆除を業者に依頼した場合、費用は蜂の種類や巣がある場所、大きさなどによって数千円から数万円と料金が変わります。そのため、ハチの巣駆除を業者に依頼した場合、料金は「現場見積もり」をおこなって、駆除内容が決まってからはじめて知ることになります。

つまり、巣の大きさがまだそれほど大きくなく、蜂の数も少ない早い段階で業者に依頼することで、スズメバチの脅威を未然に防げるだけでなく、料金も安く抑えられます。繰り返しになりますが、ハチの巣を見つけたら、早い段階で業者へと依頼することをオススメします。

弊社には、多くの蜂駆除業者が加盟しております。そのため、駆除に関するご要望がございましたら、何なりとお申し付けください。ご要望を実現するためにもっとも適切な駆除業者を手配させていただきます。弊社へのご相談は、24時間いつでも可能です。モンスズメバチを含む、あらゆる種類の蜂がもたらすトラブルには、ぜひ弊社をご利用ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
最短即日でハチ駆除可能! 現地調査・お見積り無料!
お支払いは現金・振込各種クレジットカード対応 取り扱いクレジットカード、JCB、VISA、Mastercard、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、NICOS
※手数料がかかる場合がございます。 ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。
料金のご案内 作業完了までの流れ 蜂の巣駆除お助け隊とは