スズメバチ駆除は防護服があれば安心?自力で蜂駆除できる基準とは|蜂の巣駆除・スズメバチ退治・蜂の巣対策なら最短15分の蜂の巣駆除お助け隊へ!税込8,800円~(出張費込み)対応します

無料相談 電話番号0800-805-7652 0800-805-7652

スズメバチ駆除は防護服があれば安心?自力で蜂駆除できる基準とは

スズメバチ駆除は防護服があれば安心?自力で蜂駆除できる基準とは

スズメバチの駆除は防護服を着用して安全に配慮したうえでおこないます。ただし、防護服を着てさえいれば絶対に刺されないとは限らないので過信は禁物です。

防護服を着ていても刺されてしまうのは、スズメバチの針の長さや状況次第では針が貫通することがあるからです。防護服は、あくまで刺されてしまう可能性をできるだけ低くするものという認識をもっておきましょう。

当記事では、防護服の入手方法や安全性について解説していきます。また、スズメバチの巣の駆除方法もあわせて解説していきますので参考にしてみてください。

防護服は蜂の針を絶対に防げるわけではない

蜂の駆除をおこなう際には防護服が欠かせません。蜂専用の防護服はつるつるとした材質で蜂が服の上に止まりにくくなっています。しかも防護服の生地は厚く固いため刺されたとしても蜂の針が肌まで到達しないようになっています。蜂の攻撃から身を守り、安全に駆除作業をおこなうためには着用する必要があるものです。

しかし、オオスズメバチなどの大きな蜂はその体格に比例し針も長く、最大6mmほどにもなります。そのため分厚い防護服でも、膝やひじを曲げて防護服と肌が近づいた部分を刺されると、針が貫通してしまうことがあるのです。

そのため、プロは防護服を着ていても刺されることを考慮にいれ、慎重に駆除をおこなっています。このように、スズメバチの駆除は防護服を着ていても刺される可能性のある危険な作業です。

自力で駆除をおこなう際は決して防護服を過信せず、無理のない範囲でおこなうようにしましょう。「スズメバチの巣の自力駆除は安全にできる?【判断方法や駆除の手順】」では自力で駆除できるかどうかの判断基準をご紹介していますので、参考にしてみてください。少しでも無理だと思ったら無茶をせず業者へご依頼ください。弊社にお電話いただければその場で蜂の巣の駆除をおこなえる業者をお探しします。お気軽にご連絡ください。

蜂専用の防護服の種類や入手方法を紹介

蜂駆除専用の防護服といっても、選び方の基準やどこで買えるかなどわからないことも多いものです。しかし、案外簡単に入手ができますので、自分で蜂の巣の駆除をお考えなら以下を参考に探してみてください。

蜂専用の防護服の種類

蜂専用の防護服の種類

工事用のものなど、さまざまな種類の防護服が売られています。それぞれの用途に合わせてデザインされていますので、「蜂専用」となっている防護服を選びましょう。

蜂専用の防護服は、「ミツバチ・アシナガバチ用」と「スズメバチ用」の2種類に分けられています。

防護服は数千円~10万円まで幅広い価格で販売されていますが、やはり値段が高いものは性能が高いようです。プロが使うような作りがしっかりしたものは10万円以上します。

さらに針が長く、刺される危険性が高いスズメバチ用の防護服はさらに高額となることも多いです。プロに駆除を依頼した際の費用と比べるなど、十分検討する必要があるでしょう。例えば、スズメバチの巣の駆除を業者に頼んだときの費用は1万円程度で済むこともありますので、業者に頼んだほうが安い場合もあります。

入手方法は3パターンある【自治体によっては無料で貸し出しも】

とても高い防護服ですが、購入ができなければレンタルすることも可能です。スズメバチの駆除には防護服の着用が望ましいため、できるだけ手にいれるようにしてください。

・ホームセンター・ネット通販で購入

以外に思われるかもしれませんが蜂専用の防護服はホームセンターで購入することができます。しかし、お店によっては在庫が少なかったり置いていなかったりすることも。

そんなときはネット通販を利用しましょう。ネット通販ならプロが使用している高品質なものからお手頃な価格のものまで、さまざまな種類の防護服が販売されています。

・販売店でレンタルする

じつは蜂駆除用の防護服はレンタルすることも可能です。プロが着用しているような高性能のものでも11万円前後で借りることができます。ネットからのお申込みで簡単にレンタルできますので、確認してみてください。

・自治体で貸し出してもらう

自治体によっては無料で防護服の貸し出しをおこなってくれる場合がありますので、確認してみましょう。

また、貸し出しだけでなく、業者に駆除を依頼した場合は費用の補助をおこなってくれる自治体もあるようです。お住まいの自治体ではどのような対応をしてくれるか、事前に確認しておきましょう。

防護服の購入やレンタルには以外と費用がかかるものです。自治体での無料貸し出しがない場合は、プロに頼んだときの費用と購入やレンタルにかかる費用を比べてから判断しましょう。

弊社では無料で現地調査、お見積りをおこなってくれる業者をお探しすることが可能です。費用を比較するためにも一度、お電話ください。

スズメバチの巣の自力駆除は安全にできる?【判断方法や駆除の手順】

結論からいうと、スズメバチの駆除は比較的安全におこなえる場合もあります。

ただし、スズメバチは大変危険な蜂ですので、本当に自分でできるか判断する必要があります。万が一、刺されてしまうと、痛い思いをするだけでなく、最悪の場合は命にかかわる症状が出る場合があるのです。

蜂毒の中にはヒスタミンとよばれるアレルギーを引き起こす成分が少量入っています。もしたくさんの蜂に刺されこのヒスタミンが身体の中に多く入ってしまうと、アナフィラキシーショックを引き起こす可能性があすのです。

アナフィラキシーショックは全身に起こる強いアレルギー反応で、血圧低下や意識障害を引き起こします。最悪の場合は死に至るケースもありますので、注意が必要です。

少しでも不安があれば業者に相談するのもひとつの方法ですので、決して無理はしないようにしましょう。次の条件に当てはまるようであれば駆除は比較的簡単ですので、挑戦してみてもよいかもしれません。

巣の駆除は大きさや場所で難易度がかわる

巣の駆除は大きさや場所で難易度がかわる

スズメバチの巣を自力で駆除できるかは巣の大きさ、巣ができている場所によってかわってきます。

・巣の大きさ

まずは巣の大きさが約15cm以下の場合は自力での駆除が可能でしょう。このサイズを超えてしまうと働き蜂の数が多くなり、刺される可能性が高くなるため危険です。

・巣の場所

巣が作られている場所が、軒下や庭木の枝幹(しかん)など、低い位置であれば自力での駆除もむずかしくはないでしょう。しかし、屋根裏や土の中などの閉鎖的な場所に巣がある場合は万が一の際に逃げ出すこともむずかしいため、業者に依頼することをオススメします。

スズメバチの巣を自力で駆除する手順

蜂の巣が15cm以下で低い位置にあるのであれば、自力での駆除に挑戦してみてもよいでしょう。自力での駆除には、防護服以外にも以下のようなものをそろえる必要があります。

【準備するもの】

〇防護服

〇手袋(防護服についていなかった場合)

〇長靴(白いもの)

〇蜂専用殺虫剤

〇ビニール袋

【注意点】

  • スズメバチは匂いにとても敏感です。香水などの匂いはスズメバチが発する警戒フェロモンと似通っているものがあるため、つけたままで駆除をおこなってはいけません。香水だけでなく整髪料、柔軟剤などにも反応しますので気をつけてください。
  • スズメバチの駆除は働き蜂が巣に戻って身体を休めている、日没から2時間後か日が昇る前の早朝におこないましょう。
  • 袖口や足首にスズメバチが入り込む隙間がないように、ゴムで縛るなどの対策をおこないましょう。

【蜂の巣の駆除手順】

1、巣から23m離れた位置から表面に向けて殺虫剤を噴射します。中から蜂が飛び出てくることがありますが、逃げずに23分噴射をおこないましょう。

2、飛び出る蜂の勢いが少なくなったら、巣に近づき出入り口から巣の中に向けて、スプレーをおこないましょう。蜂が出てこなくなったら付近で飛び回っている蜂を退治します。

3、巣にゴミ袋をかぶせ根もとから落とします。

4、口を縛る前にビニール袋の中に殺虫剤を噴射しておきましょう。

5、駆除が完了したら巣があった付近に殺虫剤をまいておきます。これは、巣にいなかった蜂が戻ってきてまた巣を作るのを防ぐためのものです。

駆除した蜂の巣は燃えるゴミとして処分することが可能ですので、燃えるゴミの日に出してしまいましょう。なお、駆除した後に落ちている蜂には触らないようにしてください。蜂は死んでも1日ほどは刺激すると針が飛び出ますので注意しましょう。

このように蜂の巣の駆除は危険がともなうだけでなく、準備や大掛かりな作業が必要です。少しでも自信がない場合は無理をせず業者を頼るようにしてください。

弊社ではお客様のお悩みに対応可能な専門業者を日本全国からお探しすることが可能です。蜂の巣があって困っているのであれば、お気軽にご相談ください。

万全を期すならスズメバチの駆除は業者に相談を

スズメバチは、刺されるとアナフィラキシーショックを起こす可能性もある大変危険な蜂です。また、スズメバチの中には多くの蜂の中でトップレベルの攻撃性と毒の強さをもつオオスズメバチが存在しています。

オオスズメバチの駆除はプロでも危険な大変な作業です。素人判断でおこなわず、スズメバチ駆除は基本的にプロに任せるのが安心でしょう。

また駆除しきれなかった蜂は巣がなくても巣があった場所に戻ってくる習性があります。そのため、巣を駆除した後も対策が必要となるのです。プロに任せれば戻り蜂への対策もおこなってくれますので、完全に駆除する場合にはやはりプロに任せるほうが確実でしょう。

害虫駆除業者の依頼先

害虫駆除業者の依頼先

「蜂の巣の駆除をおこなってくれる業者が近所にあるかわからない」

「日中は忙しくて電話をすることがむずかしい」

そんなときは弊社までご連絡ください。弊社ではお客様に代わり全国の加盟店の中からお客様のご要望に合った業者をお探ししています。

お電話での受付は24時間365日いつでも対応可能です。お客様のご都合の良い時間にお電話いただけますので、お気軽にご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
最短即日でハチ駆除可能! 現地調査・お見積り無料!
料金のご案内 作業完了までの流れ 蜂の巣駆除お助け隊とは