蜂の巣の作り方を知って予防につなげる!出くわしたときの対処法も紹介|蜂の巣駆除・ハチ退治・蜂の巣対策なら最短15分の蜂の巣駆除お助け隊へ!8000円~(出張費込み)対応します

無料相談 電話番号0800-805-7652 0800-805-7652

蜂の巣の作り方を知って予防につなげる!出くわしたときの対処法も紹介

蜂の巣の作り方を知って予防につなげる!出くわしたときの対処法も紹介

家の敷地内や公園など、さまざまな場所に作られる蜂の巣は、作り始めるとあっという間に大きくなって多くの蜂が集まります。蜂がたくさん集まる場所は、蜂の毒針に刺される危険性が高まるため、近くを通るだけでも危険です。

しかし、蜂の巣の作り方や構造を知って、特徴や予防法がわかれば、蜂の巣を身近に作られることもなく、安全に生活することができるでしょう。

本記事でご紹介するのは、3種類の蜂の巣の作り方と巣を作られないための予防法などです。以下を参考に実践できる方法で対処してみましょう。

ただし、すでに巣が作られてしまっている場合は駆除するしかありません。すぐに業者に連絡して、徹底的な駆除を依頼しましょう。

種類ごとの蜂の巣の作り方|スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチ

蜂の巣の作り方は、蜂の種類によって異なります。ここでは、人を刺す危険性のあるスズメバチ・アシナガバチ・ミツバチの3種類の巣の作り方について紹介しますので、予防のために特徴を覚えておきましょう。

スズメバチの巣の作り方

スズメバチの巣の作り方

スズメバチの巣は、雨風がしのげる家の軒下や天井裏、床下などにおもに作られます。広さのある場所ではありますが、人目にはつきにくい場所に作られることが多いので、気づかないうちに大きな巣ができていたということもあるのです。

マーブル模様が特徴的な球体の巣で、大きいものは80㎝ほどになることもあります。作り始めはマラカスのような形をしていますが、最終的に大きな球体になるのです。女王蜂が冬を越して目覚める4月ごろから作り始め、9月ごろに完成します。

スズメバチの巣は巣盤と外皮でできていて、何匹もの働き蜂が樹皮をかじりとって持ち帰り、噛み砕いたものを唾液で混ぜて団子状に固め、それを重ねて外皮作られます。巣作りに使われる木が決まっているわけではないので、さまざまな樹皮の色が混ざってマーブル模様になるのです。

その外皮の内側を削って、薄く伸ばして作られるのが巣盤です。スズメバチの巣盤は何段もの層が作られるので、内部の蜂の数が多くなります。大きな巣の中には1,000匹以上のスズメバチがいる場合もあるので、巣を見かけても近づかないようにしましょう。

アシナガバチの巣の作り方

アシナガバチの巣は、軒下やベランダ、エアコンの室外機などの開けた場所につくられることが多いです。人間の生活圏内によく巣を作るので、見かける可能性は高いかもしれません。スズメバチと同じく、4月ごろに作り始めて9月ごろに完成します。

灰色っぽい色をしていて、シャワーヘッドのような形の巣です。スズメバチの巣のような外皮はなく、巣盤はむき出しになっています。

アシナガバチの巣盤は一段しかないので、大きさは大きくても15㎝ほどしかなく、蜂の数も比較的少ないです。ただし、地面に向かって垂れ下がるように作られる巣は60㎝ほどになることもあります。

ミツバチの巣の作り方

ミツバチの巣は、床下や屋根裏などの狭く閉鎖的な空間に作られます。色に変化があり、作り始めは白色、蜜が集まるとオレンジ色に変化するのが特徴的です。

形は、六角形の穴が連なった板状の巣が何枚も並んで大きくなり、1mを超える大きさになる場合もあります。

ミツバチは巣の材料がほかの2種類と違い、働き蜂のお腹から出る蜜ろうです。蜜を食べた働き蜂が、天井からぶら下がって24時間じっとしていると蜜ろうが出てくるので、それを噛み砕いて唾液と混ぜて作ります。

六角形の独特な形「ハニカム構造」について

蜂の巣はハニカム構造という特徴的な構造をしています。しかし、どのようなものをハニカム構造と呼ぶのか、ハニカム構造の特徴とはなにかを知らない方もいるでしょう。

ハニカム構造がどのようなものかを知ることで、ハニカム構造の蜂の巣がいかに危険かを理解することができます。よく覚えておきましょう。

ハニカム構造とは

ハニカム構造とは

ハニカム構造とは、六角形が並んだミツバチの巣のような形のことです。人工衛星の壁などにも応用されるほど、丈夫な構造として知られています。円を並べるより隙間がなく、三角形を並べるより広い空間になるので、蜂の巣として使いやすい形なのです。

ハニカム構造であることの危険性

ミツバチの巣の巣穴は板状の片面ではなく両面にあります。表と裏の六角形は半分ずつずれていて、隙間なく密着して並んでいるのです。これによって、巣穴の底が破れないよう保たれているので、安全に巣穴の中で子育てをすることができます。

安定していて強度のあるハニカム構造の巣は、多くの蜂が住んでいます。蜂の種類によって危険性は異なりますが、数が多ければそれだけ襲われるリスクは高くなるでしょう。蜂の毒は命に関わる危険性もあるものです。被害にあわないよう、事前に予防しておきましょう。

家に巣を作らせないための予防法

蜂の巣を作らせない方法はいくつかあります。ここでは、薬剤を使用する方法と捕獲機を使用する方法、そして特別な道具を使わない手軽な対処法をご紹介します。ご自宅にもっとも効果的を感じる方法を実践してみましょう。

薬剤を使用した予防法

薬剤を使用した予防法

ホームセンターや通販などで、蜂の巣を作らせないためのスプレータイプの殺虫剤が購入できます。1,000~1,500円ほどで購入でき、種類によっては1ヶ月効果が持続するものもあるので、数本買って定期的にまいておけば予防できるでしょう。

捕獲機を使用した予防法

初心者でも簡単に組み立てができる捕獲機もホームセンターや通販で購入できます。値段は1,000円しないくらいで、使い方は蜂の巣が作られそうな場所に吊るしておくだけです。

誘引剤で捕獲機に蜂を集めるという予防法なので、人の通る場所に設置するとかえって襲われる危険性が高まります。人目につきにくい木の枝などに吊るしておくとよいでしょう。

手軽にできる予防法

薬剤や捕獲機を使わない方法がよい場合は、蜂の寄り付くものを置かないようにするとよいでしょう。

蜂はジュースやフルーツ、香水などの甘い香りや強い香りに敏感です。香りの強いものが建物の近くにあると、香りに誘われて蜂が寄り付いてしまうおそれがあるので、窓の近くや玄関先には香りの強いものを置かないように注意しておきましょう。

また、掃除や点検をおこなうのもおすすめです。きれいに掃除しているからといって、蜂が近づかないわけではありませんが、掃除や点検をおこなうことで、蜂の巣を早めに発見することはできます。

小さいうちに蜂の巣を駆除できれば安全ですし、駆除の費用も安く済みます。特別な道具も必要ないので、まずは掃除や点検から蜂の巣対策をはじめてみましょう。

予防中に蜂の巣を発見したら

蜂が活動をはじめる前に予防法が実践できればよいですが、春~秋にかけては蜂が活発に活動しているので、予防中や予防前に蜂の巣を発見する可能性があります。

その場合は、ご紹介する蜂の巣を発見したときにおこなうべき行動を参考に、焦らず冷静に対処しましょう。

巣を見つけたらすぐに逃げよう

巣を見つけたらすぐに逃げよう

蜂は刺されたら危険な生き物ですが、巣を見つけたからといって、すぐに襲われるわけではありません。蜂の巣を発見したら、すみやかにその場を離れましょう。

このとき、蜂が近くを通っても、焦って手で追い払ったり、走って逃げたりしてはいけません。蜂を遠ざけるどころか、かえって蜂の攻撃対象になってしまうおそれがあります。

蜂が人を刺すのは、人を敵だと認識したときです。そのため、手で追い払うという行動は、蜂に攻撃を与えたことになるので、敵と判断される原因になり、襲われる危険性があるのです。

さらに、蜂は俊敏に動くものに反応する習性があります。人間が走って逃げるときも、その習性によってどこまでも追いかけようとするので、ゆっくりとあとずさりするようにその場を離れるのがよい方法です。

自分で駆除するのは危険

見つけた巣が小さかったり、巣の周りの蜂の数が少なかったりすると、自分で駆除しようと考える方がいるかもしれません。しかし、いくら巣が小さくでも毒針を持った蜂が飛び回っている巣を自力で駆除するのは危険です。

蜂の巣駆除は蜂の巣に攻撃を与える行為なので、全身を守る防護服や確実に蜂を駆除することができる道具、それらを正しく使うための知識が必要です。半端な駆除作業は、蜂を刺激するだけになってしまうので、控えたほうがよいでしょう。

また、蜂の巣は駆除後も同じ場所に蜂が戻ってくることがあります。そういった駆除後の対処を適切におこなうためにも、蜂の巣駆除は業者に任せることがおすすめです。

蜂の巣駆除は業者に依頼しよう

蜂の巣駆除は、蜂の種類や巣の大きさなどによって危険度が異なります。人を刺すおそれのある蜂のなかでは、スズメバチがもっとも毒性や攻撃性が高く、駆除が危険な種類です。

どの種類でも業者に依頼するのが安全ですが、発見した巣がスズメバチのものだった場合は、大きさを問わず業者に駆除を依頼することをおすすめします。

プロの蜂の巣駆除業者であれば、蜂の巣駆除に必要な道具や薬剤などもそろっているので、狭くて手の届かないような場所にできた蜂の巣も駆除することができるでしょう。

ただし、蜂の巣駆除をおこなう業者は数多く存在します。どのような業者がよいのか、個人でたくさんの業者を探すのは時間がかかって難しいでしょう。

弊社のサービスを利用して効率よく業者探しをおこなうのがおすすめです。弊社の加盟店は日本全国に存在し、あらゆる場所での蜂の巣駆除に対応しています。

費用面では、複数の業者の見積りを比べる相見積りを歓迎しているので、納得のいく業者選びができることでしょう。自宅の蜂の巣にお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

まとめ

蜂の種類によって、蜂の巣の作り方は異なります。ただし、どれも大きく成長すれば蜂の数が増え、危険であることに変わりはありません。

蜂の巣の材料は、蜂にとって身近なものばかりですが、強度があり駆除しにくい構造です。蜂の巣に関する知識がなければ、正しい対処はできないかもしれません。

しかし、ご紹介したような予防法を知っていれば、蜂の巣が作られはじめる前に対処することができます。できる限りの対処をして、蜂の寄り付かない安全な暮らしを守りましょう。

もしも予防前や予防中に蜂の巣を発見したら、自分での対処は危険です。蜂の巣には近づかず、すぐに業者に駆除依頼をしましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
最短即日でハチ駆除可能! 現地調査・お見積り無料!
お支払いは現金・振込各種クレジットカード対応 取り扱いクレジットカード、JCB、VISA、Mastercard、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、NICOS
※手数料がかかる場合がございます。 ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。
料金のご案内 作業完了までの流れ 蜂の巣駆除お助け隊とは