蜂が家の中に入ってきた!安全に蜂を追い出す方法と家に入れない対策|蜂の巣駆除・スズメバチ退治・蜂の巣対策なら最短15分の蜂の巣駆除お助け隊へ!税込8,800円~(出張費込み)対応します

無料相談 電話番号0800-805-7652 0800-805-7652

蜂が家の中に入ってきた!安全に蜂を追い出す方法と家に入れない対策

蜂が家の中に入ってきた!安全に蜂を追い出す方法と家に入れない対策

蜂が家の中に入ってきたときは、落ち着いて行動することが大切です。慌てて手で振り払ったりしてしまうと、蜂の敵だと認識され攻撃されてしまうおそれがあります。

部屋に入ってきた蜂が1匹であれば、できるだけ部屋を暗くして窓を開け、すみやかに部屋の外に避難しましょう。蜂は明るい場所を目がけて飛ぶ習性があるため、しばらくしたら窓の外に飛んでいくはずです。

蜂がなかなか外に出ないときは、この記事で紹介する対処法を実践してみてください。蜂が外に出たあと、侵入を繰り返さないための予防法も紹介していきます。

もし、何匹も蜂がいるのであれば部屋の近くに巣があるのかもしれません。ほかの部屋に絶対に入らないようにして、ただちに蜂駆除をしてくれる業者を呼びましょう。業者に蜂駆除を依頼するときの注意点についてもご紹介していますので、参考にしてみてください。

【緊急】蜂が家の中に入ってきたときの対処法

蜂が家の中に入ってきたときに、部屋の中の電気を消して真っ暗にし、明るい窓のほうへ追いやるという対処法があります。しかし、そうはいわれても、ほんとうにそんな方法が有効なのかどうか信じられない方もいらっしゃることでしょう。

部屋を暗くして明るいほうへ追いやる方法には、確かな効果があります。それは蜂の習性を活かしたものだからです。ほかにも、蜂の習性を利用した対処法があります。

ここでは、蜂の習性を利用して家の中から追い出す方法や注意点、昼間・夜間で対策法に違いはあるのかということについて、ご紹介していきます。

蜂の習性を利用して家から追い出そう

蜂の習性を利用して家から追い出そう

蜂は「音・色・におい」に敏感といわれています。蜂が入ってくると驚いて悲鳴をあげてしまいそうになりますが、落ち着いて刺激しないことが大切です。また、蜂は「黒色」のものを敵とみなし、明るい方向に向かうという習性があります。

蜂はにおいにも敏感で、ジュースやお菓子などの甘い香りや、香水・整髪剤などの香りの強いものに引き寄せられます。ここから先は、このような蜂の習性を知ったうえでできる、家の中から蜂を追い出す有効な対処法についてご紹介しましょう。

昼間の対処法

昼間に蜂が家の中に入り込んでしまったら、まずは部屋の電気を消してください。そのときには、忘れずに窓も一緒に開けておきましょう。蜂が窓から差す光を目指して、そのまま窓から出ていくことを促すためです。

夜間の対処法

夜間に蜂が家の中に入り込んできたら、昼間のときと同じように部屋の明かりを消します。そして、1カ所だけ電気をつけて明るい場所をつくり、蜂をおびき寄せましょう。あとは殺虫スプレーを使用して駆除します。殺虫スプレーを使用する際の注意点は後述していますので、参考にしてみてください。

蜂が家の中にいるときの注意点

蜂が家に入ってきたときの注意点は、「大声を出さない・黒色の服は避ける・香りの強いものは使用しない」の3つです。蜂に刺されないように退治するには、刺激しないことがもっとも重要なので、まずは落ち着いてご紹介したような対処法を実践してみてください。

以上、蜂が家の中に入ってきたときの対処法についてご紹介しました。蜂の習性をよく理解して状況に応じて対処することで、いちはやく家の中から蜂を追い出すことができるはずです。

しかし、いざ蜂を家の中から追い出すといっても、そううまくいくとは限りません。次は、蜂がなかなか部屋から出ていかないときの駆除方法についてご紹介します。

家の中に入ってきた蜂を自分で駆除する方法

蜂を駆除しなければならない状況に陥ったとき、周りに誰もおらず自分でなんとかしないといけないという場合もあるでしょう。ここでは、ひとりで蜂駆除をおこなうときに、どのような方法でどういったことに注意しなければならないのか、ご紹介します。

家の中の蜂は蜂専用スプレーで駆除しよう

家の中の蜂は蜂専用スプレーで駆除しよう

蜂駆除には、蜂専用の殺虫スプレーを使用しましょう。蜂は刺激すると襲ってくることがあるため、蜂に刺されないように肌の露出を控えることが肝心です。厚手の長袖や長ズボンなどを着用してから、殺虫スプレーを使用することをおすすめします。

自分で駆除する際の注意点

蜂駆除は1匹なら自分でもなんとか駆除することができるでしょう。しかし、大きな蜂の巣ができており、1匹2匹といかない場合は、自分で蜂駆除をおこなうことは大変危険です。スズメバチのような強力な毒針をもっている蜂なら、なおさら危険がともないます。

自分では不可能な蜂駆除は、お住いの市区町村に相談すれば対応してもらえる場合があります。しかし、蜂駆除の相談はおこなっているけれども、自分の所有地にできた蜂の巣は個人で対処するようにとお願いしているところも少なくありません。

ほとんどの役所のホームページなどでも、スズメバチなどの蜂駆除は業者に依頼するようにと促していることから、蜂駆除は業者に依頼して安全に駆除してもらうことをおすすめします。次は、蜂駆除業者に依頼した場合の費用相場などについてご紹介していきます。

危険な場合はプロを呼んで蜂を駆除してもらおう

蜂の巣駆除業者に依頼する場合、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。ここでは、費用相場や業者選びのポイントについてご紹介してきます。

すぐに駆けつけてくれる蜂のプロがいる!

すぐに駆けつけてくれる蜂のプロがいる!

蜂の巣駆除は、一刻もはやく対処しないと被害が拡大し、家族だけでなくご近所の方にまで迷惑をかけてしまいます。蜂の巣を見つけたら、すぐに駆けつけてくれる蜂のプロに相談しましょう。

対応がはやい業者の見分け方として、「24時間の電話受付が可能、電話をしてから訪問日を決めるまでがはやい」などがあります。電話をした際に、すぐには対応できないといわれる場合は、緊急を要することもあるため、違う業者を探すほうがはやいでしょう。

自分で複数の業者を調べるのが面倒という場合は、ぜひ弊社をご利用ください。数ある業者の中かから、いくつかの業者をピックアップしてご紹介することが可能です。

蜂駆除の費用相場

業者へ蜂駆除を依頼するとなった場合、費用がいくらかかるのか心配になりますよね。蜂駆除は蜂の種類や巣の大きさによって費用が異なります。

  • スズメバチ:16,0000~40,000円ほど
  • アシナガバチ:10,000~30,000円ほど
  • ミツバチ:8,000~20,000円ほど

このほかにも、蜂の活動シーズンである夏から秋にかけては業者も繁忙期になるため、追加料金がかかることがあります。また、蜂の巣ができている場所が地上から3m以上と高所になると、5,000円ほどの料金が上乗せされる業者もあります。見積りをとった際に、追加料金の有無などをよく確認しておくことが重要です。

蜂がよく自宅の周辺を飛び回っている場合は注意が必要です。近くに蜂の巣があるのかもしれません。巣のサイズが業者に駆除を依頼しなければ危険なほど大きくなっているおそれもあります。身の危険を感じた場合は我慢せず、業者にすぐさま相談することをおすすめします。

蜂を家の中に入れないための対策方法

そもそも、なぜ蜂は家の中に入ってくるのでしょうか。蜂が家の中に入ってくる理由と、蜂を家の中に入れないための対策法についてご紹介しましょう。

蜂はどうして家の中に入ってくる?

蜂はどうして家の中に入ってくる?

蜂は、ミツバチのような小さな種類だと体長は20mmほど、スズメバチのような大型の種類だと体長は40mmほどです。そのため、エアコンの室外機や喚起口のパイプや網戸の隙間などから容易に侵入することができます。

蜂を家の中に入れない対策法

蜂を家の中に入れないためには、蜂が入り込んできそうな隙間に防虫ネットを張ったり、網戸に隙間がないか定期的に確認したりすることが大切です。

また、洗濯物を取り込む際に蜂が付着しているケースもあります。とくに夏から秋にかけては蜂の活動シーズンなので、蜂の姿をよく見かけると感じた場合は、慎重に洗濯物を取り込むようにしましょう。

蜂に関するお悩みはプロに相談してみませんか?業者に依頼することにより、安全かつすばやく蜂駆除をおこなうことができます。安心して生活できるようにするためにも、放置せずに気付いたときに対処しておくことが肝心です。

弊社にお任せいただければ、お近くの蜂駆除業者を複数ご紹介できます。その中からお客様にご納得いただける業者を選んでいただけますので、ぜひご活用ください。

まとめ

蜂はサイズが大きなものでも体長が40mmほどのため、小さな隙間があればそこから家の中に侵入してきてしまいます。蜂の侵入を防ぐためには、あらかじめ隙間を塞いでおくことが大切です。窓を開ける際は網戸をしっかり閉めて、蜂が入ってこれないようにしておきましょう。

蜂が家の中に入ってきてしまった場合は、蜂の習性を利用して対処します。スズメバチは刺激すると襲い掛かってくることがあるので、なるべく刺激せずに自然と出ていくのを待ったほうがよいでしょう。それでも出ていかないときは、蜂専用の殺虫スプレーを使用してください。

大きな蜂の巣が自宅にできてしまったときは、自分で駆除することは大変危険です。蜂に刺されるとアレルギー反応を起こし、命の危険にさらされるケースもあります。無理はせずに、蜂駆除業者へすみやかに相談することをおすすめします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
最短即日でハチ駆除可能! 現地調査・お見積り無料!
料金のご案内 作業完了までの流れ 蜂の巣駆除お助け隊とは