コガタスズメバチの巣|とっくり型の巣は要注意!巣の変化と危険性|蜂の巣駆除・スズメバチ退治・蜂の巣対策なら最短15分の蜂の巣駆除お助け隊へ!8000円~(出張費込み)対応します

無料相談 電話番号0800-805-7652 0800-805-7652

コガタスズメバチの巣|とっくり型の巣は要注意!巣の変化と危険性

蜂のなかでも最も危険なオオスズメバチによく似た見た目をしている、コガタスズメバチをご存知でしょうか。コガタスズメバチは、屋根裏や庭木など人間の生活範囲に巣を作ることが多いため、刺される被害に遭いやすいとされています。

そんなコガタスズメバチは、スズメバチのなかでも珍しい形状の巣を作る特徴をもっています。今回は、そんなコガタスズメバチについて生態や巣の特徴について詳しくみていきましょう。

コガタスズメバチってどんな蜂?

コガタスズメバチは、一般的な蜂に比べ攻撃性が低いとされていますが、家の屋根裏や軒下など私たちの身の回りに巣を作るため刺されるケースが多いです。このような被害に遭わないためにも、まずはコガタスズメバチの特性や危険性について知識を深めていきましょう。

コガタスズメバチの特徴

コガタスズメバチの巣|とっくり型の巣は要注意!巣の変化と危険性

コガタスズメバチは、黒とオレンジの体色をしており、凶暴なことで知られるオオスズメバチと見た目がよく似ています。さらに、意図的に挑発しなければ刺してくることは少ないですが、7月以降は新たに生まれてくる女王蜂を守るために、攻撃的になるといった特徴をもっています。

さらにコガタスズメバチという名前とは異なり、体長は働き蜂が約2.5cm、女王蜂が約3cmほどと、オオスズメバチとあまり大きさは変わりません。また、生息地としては北海道から沖縄までと日本全国に生息しています。

活動時期や危険性

コガタスズメバチはおもに、5月~11月に活動をおこないます。一般的には5月ごろから巣作りを開始し、6~7月には、女王蜂が産卵した子供がふ化し始めます。そして、秋には活動が活発的になり新しい女王蜂と共に巣離れをします。

コガタスズメバチは強力な毒性をもっているため、刺されてしまうとアナフィラキシーショックなどのアレルギー症状や意識障害を引き起こすことがあるため大変危険です。

普段はおとなしいですが、夏を過ぎると非常に凶暴になるため、むやみに巣に近寄ったり刺激したりすると刺されるおそれがあるため注意が必要です。

コガタスズメバチによる被害に要注意!

スズメバチのなかでもコガタスズメバチは、人間の生活範囲に巣を作ることが多いため刺されてしまうことが多くあります。また、樹木や木の枝など発見しにくい場所に巣を作るため、気づかない間に誤って刺激して、刺されてしまうといった事例も多いのです。

そのため、コガタスズメバチの巣を発見した場合はむやみに近寄らないようにしましょう。毒をもった針で刺されるなどといった被害を防ぐためにも、早急に業者に駆除を依頼することをおすすめします。

弊社では、24時間365日電話受付をおこなっています。そのため、早朝深夜問わず対応可能ですので、コガタスズメバチによる被害にお困りの場合はぜひ、お気軽にご相談ください。

【コガタスズメバチの巣】初期段階は「とっくり型」をしている!

コガタスズメバチの巣は、初期の段階ではお酒を入れるとっくりを逆さにしたような形をしており、多くの蜂の巣のなかでも珍しい形状をしています。巣の特徴を知ることで、コガタスズメバチの巣と判断することができるため、初期段階から順にみていきましょう。

コガタスズメバチの初期の巣の形

コガタスズメバチの巣|とっくり型の巣は要注意!巣の変化と危険性

コガタスズメバチの巣は初期の段階では、女王蜂が1匹のみで巣作りをおこない、入り口が下向きでとっくり型をした特徴的な形をしています。また、この初期の巣の状態は蜂の数も少なくコガタスズメバチのものと判断しやすいため、この段階のうちに駆除をおこなっておくと安心です。

変化するコガタスズメバチの巣の形

初期段階では、とっくり型をしていたコガタスズメバチの巣ですが、6月を過ぎると成長した働き蜂が巣作りをはじめるため徐々に大きくなっていきます。形状は次第に丸みを帯び、下向きだった入り口も少しずつ横に移動していきます。

また、8月ごろには巣のなかに100匹以上のコガタスズメバチが住むようになり、何層にも重なったウロコのような模様の巣になります。コガタスズメバチ巣の大きさは最大で、直径約30cmほどのサイズになり、10月を過ぎると巣離れをはじめるため、これ以上大きくなることはありません。

コガタスズメバチが巣を作りやすい場所

一般的な蜂の多くは、狭い空間や隙間などに巣を作ることが多いですが、コガタスズメバチは、開放的な木の枝や軒下、屋根裏などに巣を作ります。また、雨をしのぐことができる庭木や茂みなどにも巣を作ることがあります。

なかでも、キンモクセイやツゲ、ハナミズキなどの樹木は1年を通して枝に葉をつけているためコガタスズメバチは好んで営巣するとされています。そのため、こういった庭木を植えている場合にコガタスズメバチの巣に気が付かず、刺されてしまうといった被害が多いようです。

コガタスズメバチの巣は自分で駆除できる?

コガタスズメバチ巣はとっくり型の初期段階であれば、大きさも小さく蜂の数も少ないため駆除がおこないやすいとされています。しかし、次第に蜂が増えてくると、比較的おとなしいとはいえど、むやみに刺激すると強い毒をもつ針で攻撃をしてくるおそれがあるため大変危険です。

そのため、コガタスズメバチの巣を発見しても、無理に自分で駆除をおこなわず業者に依頼することをおすすめします。また、巣が小さい場合であっても駆除に自信がない場合はケガをしないためにも、速やかに業者に頼るようにしましょう。

弊社では、ご依頼いただいたお近くの加盟店から蜂駆除をおこなう業者をご紹介いたします。そのため、手早くコガタスズメバチの巣を駆除することに繋がります。また、電話受付も無料となっておりますので、蜂にお困りの際はぜひお気軽にご連絡ください。

コガタスズメバチのほかに危険なスズメバチ

コガタスズメバチは、開放的な空間に巣を作ることが多いですが、そのほかのスズメバチに関しては場所を問わず営巣をするためなかには、危険な種類の蜂も存在します。コガタスズメバチのほかには、どのような危険なスズメバチが存在するのかみていきましょう。

1.オオスズメバチ

コガタスズメバチの巣|とっくり型の巣は要注意!巣の変化と危険性

オオスズメバチはスズメバチのなかでも体長が最大で4cm前後と大きいのが特徴です。また、数いる蜂のなかでも毒性がトップクラスのため刺されてしまうと命にかかわるおそれがあるため大変危険です。

また、コガタスズメバチとは異なり土のなかや木の穴など閉鎖的な場所に巣を作ります。体長の大きさは異なるものの、コガタスズメバチと見た目がよく似ているため、誤って近づかないようにしましょう。

2.キイロスズメバチ

キイロスズメバチは、蜂のなかでも巣が最も大きく直系が1mを超えており、数も1000匹以上と非常に大所帯なのが特徴です。巣は、床下や屋根裏に作ることが多いです。また、人口の多い都市部や賑わう街中での生活が得意で、巣に近づくと攻撃性が増すため、注意が必要です。

3.モンスズメバチ

モンスズメバチは、体長が約25cm前後とコガタスズメバチと大きさが似ていますが、ほかのスズメバチとは異なり、夜中に活動するのが特徴です。また、攻撃性が高いためむやみに刺激すると襲われてしまう危険があります。コガタスズメバチやオオスズメバチなどと同様に、天井裏や木の穴などに営巣をおこないます。

スズメバチの駆除費用って高いの?

スズメバチの駆除を業者に依頼した場合、巣の大きさや種類、場所などによって費用が変動するとされています。また、依頼する時期によっては、蜂の数が多い場合や攻撃性が高まっているため、追加料金が発生し費用が高くなる傾向があります。

さらに、スズメバチの駆除をおこなう業者によって料金は異なるため、明確な費用を知るためにも、依頼する前に1度見積りを出してもらうことをおすすめします。そして、より納得のいく費用で依頼するためにも1社だけでなく複数の業者から見積りを出してもらい、相見積りするようにしましょう。

弊社では、多くの加盟店のなかから相見積りを出すことが可能となっています。また、ご相談、お見積りを無料でおこなっていますので、スズメバチの駆除をお考えの場合は、ぜひ1度お気軽にご連絡ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
最短即日でハチ駆除可能! 現地調査・お見積り無料!
お支払いは現金・振込各種クレジットカード対応 取り扱いクレジットカード、JCB、VISA、Mastercard、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、NICOS
※手数料がかかる場合がございます。 ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。
料金のご案内 作業完了までの流れ 蜂の巣駆除お助け隊とは