スズメバチの巣|駆除は無料かも?危険な3種・襲われないための対処|蜂の巣駆除・スズメバチ退治・蜂の巣対策なら最短15分の蜂の巣駆除お助け隊へ!8000円~(出張費込み)対応します

無料相談 電話番号0800-805-7652 0800-805-7652

スズメバチの巣|駆除は無料かも?危険な3種・襲われないための対処

もし家の近くなどでスズメバチの巣を見つけてしまったら、すぐに対処が必要になります。スズメバチは巣に近づいただけで攻撃を仕掛けてくる凶暴性と、強い毒性で、多数の被害者を出している危険な蜂だからです。うかうかしていると、どんどん巣を大きくして群れを繁栄させていくため、放置しないようにしましょう。

今回のコラムでは、スズメバチの危険性や巣を放置することのリスクについて、くわしく解説していきます。また、スズメバチに遭遇してしまった際の適切な行動についても解説していきますので、ぜひ安全の確保にお役立てください。

スズメバチの巣の特徴|人間の生活圏にも巣をつくる3種にご注意!

スズメバチは本来、自然の中にある木の枝などに巣をつくるものです。しかし、彼らはそれ以外に、私たち人間の生活圏内にも巣をつくって、棲みついてしまっています。ここでは、私たちのまわりでとくによく見られる、3種のスズメバチの巣についてご紹介いたします。

【1】大型で凶暴!オオスズメバチの巣

【1】大型で凶暴!オオスズメバチの巣

体長、攻撃性、毒性、そのいずれもスズメバチの中でトップクラスに君臨するのが、オオスズメバチです。危険なスズメバチの中でも、とくに警戒すべき種といえるでしょう。

オオスズメバチは、地中や木の幹にできた空洞など、非常に閉鎖的で、見つけにくい空間に巣をつくります。そのため、気づかずに近づいてしまい、被害にあうおそれがあるのです。近年では都市部でもよく見られるようになっているため、警戒が必要になります。

地中に巣をつくっている場合は、巣穴を広げるために土を掘り出したことで、巣の前で土が盛り上がっていることがあります。それらしきものを見つけたら、蜂駆除業者に相談してみるのもよいかもしれません。

【2】都市部に増殖!キイロスズメバチの巣

都市部で見られるスズメバチの代表格が、キイロスズメバチです。彼らの特徴は、さまざまな場所に巣をつくることです。

ゴミ箱の中や看板の裏などの人工物をはじめ、コンクリートやガラスなど、巣をつくる際の場所や素材は選びません。そのことから、キイロスズメバチは私たちの生活圏内のあらゆる場所で見受けられ、日本での刺傷被害の件数がもっとも多いスズメバチとなっているのです。

キイロスズメバチの巣は、巣穴を外郭で覆った構造になっており、外から見ると茶色いマーブル模様の球体となっています。群れが繁殖すれば50cm~1mの巨大な巣を作り上げ、中には1,000匹以上が棲んでいることもあります。

【3】夜も攻撃的!モンスズメバチの巣

モンスズメバチは、屋根裏や壁のすき間などに巣をつくることが多いスズメバチです。巣は外郭部分の下が大きく開いた鐘のような形状になっており、キイロスズメバチと同等の規模の巣をつくり上げます。

スズメバチの多くは基本的に昼行性で、夜は比較的動きがにぶくなっているものです。しかし、モンスズメバチはほかの種と違い、暗くても活動することができるため、夜も非常に攻撃的です。暗い中ですばやく飛ぶ蜂を見つけたら、それはモンスズメバチかもしれません。

ほかの蜂の巣との違い

スズメバチの巣は、細かな違いはあるものの、どの種も球体状の巣を外郭で囲んだような形をしています。では、スズメバチのほかに身のまわりで見られる、別の種類の蜂の巣はどのようになっているのでしょうか。

アシナガバチの巣は灰色で、巣穴がむき出しになった、シャワーヘッドのような形をしているのが特徴です。巣の大きさは、ほかの種と比べると小さめで、直径15cm程度となっています。場所としては、軒下やベランダなどに多く見受けられます。

ミツバチは、巣穴を横へ横へと板状に広げていくのが特徴です。群れが繁栄すると、巨大な板が1カ所に何枚もぶら下がったような形になっていきます。木の枝などに巣をつくることが多いですが、屋根裏など、人間の生活圏に巣をつくることもあります。糞による汚染問題もあるため、身の回りに巣をつくられた際はきちんと駆除する必要があるでしょう。

急に出没!大きな巣に圧倒されることに…

スズメバチの巣について時折聞かれるのが、「急に巨大な巣が出現した!」というケースです。通常であれば、まず女王蜂が1匹で小さな巣をつくるところから巣作りが始まるため、突然巨大な巣が目の前に現れることなどないように思えます。

しかし、キイロスズメバチやモンスズメバチは、7月~8月ごろになると、巣を引越しすることがあります。引越しをする群れは、急ピッチで群れの規模にあった巣をつくり上げるため、急に巨大な巣が出現したような形になるのです。

そのため、大きな巣には見た目どおり、何匹ものスズメバチが潜んでいます。もしそのような巣ができて危険を感じたら、すぐに駆除業者へ連絡をしましょう。弊社にご連絡いただければ、すぐにお近くの業者を派遣し、緊急のトラブルにもすぐさま解決いたします。ぜひご相談ください。

スズメバチの巣を見つけたらどうすればいいの?

スズメバチの巣は、放置していても大きくなっていくばかりで、非常に危険です。巣を見つけたら、その時点ですぐに駆除をおこなうのをおすすめします。ここでは、いくつかの駆除の方法について解説いたします。

自力で駆除できるのか?

自力で駆除できるのか?

スズメバチの巣を見つけた際、まず自分でなんとかできないものかと考える方もいらっしゃることでしょう。ですが、スズメバチの巣の駆除は非常に危険な行為ですので、基本的にはおすすめできません。

しかし、巣がまだ小さいうちであれば、棲んでいるスズメバチも少ないため、自力でも対応できる場合があります。とくに、まだスズメバチが冬眠から覚めたばかりの4月~5月の時期で、なおかつ巣の大きさがまだ10cm以下であれば、自力での駆除に踏み切ってもよいでしょう。以下で、注意点もあわせて、駆除の手順を解説いたします。

駆除には、蜂に有効な殺虫成分である、ピレスロイドが含まれた殺虫スプレーを使用するのがよいです。できるだけ遠くまで噴射できるものを選ぶと、なおよいでしょう。また、大量にスプレーを噴射することになるため、数本用意しておくのをおすすめします。

殺虫スプレーのほかには、以下のものを用意してください。

  • 専用の防護服
  • 厚手のごみ袋
  • 懐中電灯
  • 長い棒
  • 虫取り網

防護服が用意できない場合は、長そで長ズボンと軍手を重ねて着用し、保護メガネやマスク、長靴、帽子をつけた状態で駆除にのぞんでください。とにかく刺されないように、肌を露出しないようにすることが重要です。

駆除は多くのスズメバチが寝静まる夜におこないます。暗くなるため懐中電灯が必要ですが、そのまま使うとスズメバチを刺激してしまい、大変危険です。使用の際は必ず、蜂が認識しづらいといわれる赤色のフィルムをかぶせて、赤い光が出る状態にしてください。

準備ができたら、まずは懐中電灯を点滅させながら、ゆっくりと巣から2m~3mの位置まで近づき、巣の穴の位置を確認してください。近づいたら、はじめに殺虫剤を巣の表面に噴きつけて、巣のまわりにいるスズメバチを駆除します。このとき、スズメバチが羽を震わせて威嚇をしますが、ひるまずに殺虫剤を噴射し続けてください。

3分ほど続けて蜂が出てこなくなったら、今度は巣の入り口から中に向かって殺虫スプレーを噴射します。巣の中まで殺虫剤をまけたら、あともう一息です。懐中電灯を使って、光によってきたスズメバチに殺虫スプレーを噴きつけて駆除してください。

動いているスズメバチがいなくなったら、棒や虫取り網を使って巣を落とし、ごみ袋に入れて駆除完了です。このとき、念のためにごみ袋の中にもスプレーを噴射しておくとよいでしょう。駆除した巣は燃えるごみとして処分することができます。

駆除したスズメバチにも、まだ毒針は残っています。不用意に触って刺さってしまわないように気をつけましょう。また、戻り蜂といって、巣から離れていたスズメバチが飛んでくることもあります。1週間程度は、巣のあった場所に殺虫スプレーをまいておくとよいでしょう。

スズメバチの巣なら自治体が対処してくれることも!

多くの自治体では、スズメバチの駆除に関しての補助制度を設けています。ただし、補助の内容は自治体によってさまざまです。

同じ費用の補助でも、申請すればだれでも受けられるものや、何らかの条件付きのものがあります。また、自治体によっては駆除自体を請け負ってくれる場合もあるでしょう。

補助制度については直接問い合わせるか、各自治体のホームページなどで確認することができます。補助の有無も含めて、一度内容を確認してみることをおすすめします。補助をおこなっていない場合でも、防護服などの道具を貸し出してくれることもあるようです。

すばやく確実に駆除したいときは業者依頼がおすすめ

もうすでにかなりの大きさの巣ができているという場合、自分で手を出すのは非常に危険です。自治体に対応してもらう手もありますが、手続きなどがあり、どうしても対応が遅れてしまう場合もあるでしょう。

すばやく、確実に駆除をしたいという場合は、駆除業者に依頼するのをおすすめします。弊社にご連絡いただければ、すぐに業者を派遣し、お見積りから駆除作業まで、迅速に対応させていただきます。ぜひお問い合わせください。

スズメバチへの対処法

いざスズメバチに出会ってしまったという場合、まずはその場から離れることを第一に考えるべきです。また、スズメバチの被害を防ぐには、服装を工夫するのも重要です。ここでは、スズメバチに対する、安全な対処法をご紹介します。

スズメバチに攻撃されないおすすめの服装

スズメバチに攻撃されないおすすめの服装

スズメバチがいそうな場所に出向く際、服装に気をつけたほうがよいでしょう。スズメバチは天敵の熊の体色である、黒に対して非常に攻撃的になります。そのため、スズメバチの被害を避けるためには、白い服を着用するのがおすすめです。

また、スズメバチはにおいにも非常に敏感です。香水や整髪料などはつけないようにして、化粧品も、強いにおいのするものは極力避けるようにしましょう。また、頭髪が黒い場合は、白い帽子を着用するのをおすすめします。

スズメバチに出会ってしまったときの安全な逃げ方

もし目の前にスズメバチが現れたときは、思わず声を上げたくなるかもしれません。しかし、決して騒ぎ立ててはいけません。すぐにその場から離れるべきですが、慌てて走って逃げようとすると、音や動きでスズメバチを刺激してしまい、かえって危険だからです。

スズメバチに遭遇してしまったら、スズメバチから目をそらさないように様子をうかがいつつ、姿勢を低くしてゆっくりと後ずさり、避難してください。声は決して上げず、極力足音などを立てないように心がけましょう。

スズメバチに刺されたらどうなるの?

スズメバチに刺されると、毒によって強い痛みに襲われ、患部は大きく腫れ上がります。また、スズメバチの毒には、多量のアレルギー成分が含まれています。スズメバチに刺されてしまうと、このアレルギー成分によって、アナフィラキシーショックと呼ばれる症状を起こしてしまうことがあるのです。

アナフィラキシーショックが起きると、じんましんや嘔吐、重度になれば意識障害や呼吸困難などの症状が起きてしまいます。そして最悪の場合、そのまま命を落としてしまう例もあります。

もし刺されてしまった場合は、すぐに病院で診察を受けてください。上記のような症状が出なくても、必ず医師に診てもらいましょう。また、スズメバチがいることがわかったら、万が一のことが起こる前に、駆除をおこなってください。駆除業者をお探しの際は、ぜひ弊社にお問い合わせください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
最短即日でハチ駆除可能! 現地調査・お見積り無料!
お支払いは現金・振込各種クレジットカード対応 取り扱いクレジットカード、JCB、VISA、Mastercard、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、NICOS
※手数料がかかる場合がございます。 ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。
料金のご案内 作業完了までの流れ 蜂の巣駆除お助け隊とは